早くに手軽に借りるなら欠かせないのは消費者金融

早くに手軽に借りるなら欠かせないのは消費者金融

MENU

借りるなら消費者金融

最近はカードローンを銀行で契約する人と消費者金融で契約する人に分かれてきています。銀行のカードローンの人気の理由として、一番大きい要因が金利です。

 

カードローンの利用にかかる利息は、金利が高くなるほどたくさんかかってきます。そのため金利が低い銀行の方が、お得にカードローンが利用できると考えられがちです。

 

しかし、カードローン選びの決め手は金利のみではありません。総合的に考えれば、消費者金融のメリットはたくさんあります。

 

 

金利は重要ではない?

実はカードローン選びにおいて、金利はそれ程重要ではありません。金利15.0%と18.0%なら、10万円借りて1年でかかる利息はそれぞれ15,000円と18,000円です。もちろん金利差や借入金額が大きくなれば、それ以上の利息の差が出ます。

 

しかし、もしもこれを1年で均等に返済して完済した場合、かかる利息はそれぞれ8,310円と10,016円です。返済を続けていくと元金が減るので、かかる利息もどんどん減っていきます。例えば借入金を短期間で一括完済した場合、利息の差はほとんどありません。

 

もちろん借入金額が大きく、返済期間が長ければ、金利による利息の差は大きくなります。これを言い換えれば、金利差よりも返済期間などによる差の方が、カードローンでは重要といえます。何百万円も借入れをするならともかく、数十万円程度の限度額のカードローンであれば、金利よりも利用頻度や返済期間の方が重要なのです。

 

対応が早いのは消費者金融

銀行のカードローンも対応が早くなってきていますが、やはりすぐに対応してくれるのは消費者金融です。即日融資に対応してくれる所も多く、申込みをしたその日の内に融資を受けられるのも魅力です。

 

最近は消費者金融の営業時間も長くなり、申込み後の本契約を店頭で行えれば、夕方以降でも融資に間に合わせられます。

 

プロミスの場合を例に挙げると、ネットで申し込み後に契約機を使うと、土日であっても最短即日融資も可能となります。その日のうちにカードが発行されるので、急ぎで借りたい方にも適しています。

 

プロミスは契約機の設置数が多いことでも有名で、東京都内ならプロミス杉並区の契約機を見ても分かるように、多数の設置があるのです。

 

銀行の場合、審査は即日回答の所も増えましたが、その日の内に融資という話になると、午前中には手続き始めていないと厳しい状況です。ネックとなるのが銀行の営業時間です。銀行業務が15:00で終わってしまうので、それまでに手続きを終える必要があります。

 

インターネットバンキングのカードローンならそれらの問題を解決できますが、そもそもネットバンキングの口座がなければ、やはり時間がかかりすぎます。

 

審査に通りやすいのも消費者金融

カードローン選びで重要なのは金利だけでなく、審査を最も重要視する人は多いです。どんなに金利が低くても、対応が早くても、審査に通らなければカードローンの契約ができないからです。

 

ただし、審査基準を公表しているカードローン会社はありません。各社独自の基準に沿って審査を行うので、どこが一番審査に通りやすいかは誰にもわかりません。しかし、一般的には、銀行よりも消費者金融の方が、審査に通りやすいと言われています。

 

元々一般向けにカードローンのサービスを専門に行っていたので、審査に対してのノウハウが出来上がっています。消費者金融の審査の時間が短いのもここに起因しています。また、消費者金融と比べて銀行の方が、金利が低いので、それだけ審査も厳しいと言われています。

 

消費者金融のサービス

特に初めてのカードローン利用であれば、様々な不安があって当たり前です。審査が不安であったり、手続きの手順が不安であったり、返済を忘れないか不安であったり、色々あります。消費者金融の場合、申込み前のフォロー体制が万全なので、様々な不安に対して電話窓口などで丁寧に説明してもらえます。

 

特に大手では電話対応のイメージを重要視しているので、わかりやすいだけでなく丁寧なので、安心して相談ができます。面白いのは、電話で相談して、問題がなければそのまま申込みができる点です。大手消費者金融では電話での申込みにも対応しているので、相談してそのまま申込みも可能です。

 

サービスに優れる消費者金融でお金を借りるなら、やはり選択肢は大手となります。大手の消費者金融なら急な出費時にも素早い対応が期待できるので、平日や土日問わずに今日中にお金を借りたいのであれば、今日借りる即日融資に対応するカードローンを利用しましょう。